2019年11月4日月曜日

遠藤ケイ 花と旅のスケッチ展

こんにちは。雑誌「山と渓谷」で三条市出身のイラストレーターの遠藤ケイさんにであいました。自然に調和し、自然に生かされ、自然の息ぶきを巧みな納得いく文章で伝えてくれる方です。「気候行動サミット」で地球温暖化対策を求める「未来のための金曜日」の若者たちの運動のリーダー,スエ―デンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんが「地球環境が温暖化の危機に瀕している!地球の未来をみんなで守っていこう!」とアピールしました。
 日本のグレタおじさんが、遠藤さんではないかと思います。また、日本の祭りや子どもの遊びや民俗に造詣が深く、私たちには、まさに遠藤さんが「巨人」に感じられます。
 遠藤ケイ著「暮らしの和道具」(ちくま新書)、「鍛冶屋列伝《鉄に聴け》」(ちくま文庫)を読みました。私、何と見栄や軽薄さの毎日を暮らしているか、思い知らされました。
 いま、日本の暮らしや環境が予想もしなかった時代に入っています。遠藤ケイさんに一人でも多くの方が出会って欲しいのです。きっと、目から鱗だと思うのです。
     2019.11.16(土)~11.23(土)10:00~17:00(最終日~15:00)

  関連イベント オープニングセレモニー 11.16(土)13:30~15:15
         参加費 1000円(電話予約可ー乗用車の乗り合わせを!)
     ●遠藤ケイ作 紙芝居「かじやさん」 読みて 樋口幸子さん(新潟市)
     ●加藤雅彦テノールコンサート 「第二の故郷・新潟に愛をこめて」
       歌 加藤雅彦さん(秦野市在住) ピアノ 田中庸子さん(秦野市在住)

      加藤さんは新潟大学法学部出身。なつかしい青春時代の歌声ともしび(新
      潟)の仲間が、是非当館で歌って欲しい旨、ご依頼がありました。

   遠藤さんの2020年花のカレンダーができました! (1部 1500円)
  展示会開催中、次の本を販売しています。
    A暮らしの和道具(ちくま新書)     770円
    B鍛冶屋列伝<鉄に聴け>(ちくま文庫) 990円
    C熊を殺すと雨が降る(ちくま文庫)
    D遠藤ケイの田舎暮らしは愉快だ(千早書房) 
    E遠藤ケイの島旅日和(千早書房)
    F海の道・山の道
    G賢者の山へ
    H遠藤ケイのキジ撃ち日記
    I懐かしい遊び絵はがき(12枚組)  1000円




2019年10月18日金曜日

創作鉢展ー10月後半の企画です!

 花瓶に花を飾る、鉢に植物を植える、花弁を水面に浮かせたり染めたりする・・楽しみは色々ですが盆栽のような時間と技を必要とする植物飾りと違って鉢に庭や路傍の植物を植え込めばこれまた楽しいことです。

 今回の「創作鉢展」は、陶磁器の器とちょっと違って容器の底に水はけの穴が開けられています。プラスチックのポットに植えた植物もいいですが、陶芸家のつくった鉢に植えこんだらこれまた素晴らしい小宇宙です。

 13人の陶芸作家の植木鉢、盆栽鉢、山野草鉢をたくさん用意しました。
  2019.10.19(土)~26(土) 月曜休館

2019年9月24日火曜日

10月の企画 生誕115周年記念ー画家市村三男三遺作展

新潟市江南区横越(旧横越村)出身のプロレタリア画家、市村三男三の遺作展です。生誕115周年を記念し絵画30点、デッサン多数を展示します。
        
時 9年10月3日(水)~10月12日(土)
 所 小さな美術館季・ギャラリー  

関連行事
10月6日(日) 13:30~ 市村三男三を語る会
三男三との出会い 稲垣恵造(作家)
三男三の絵画について 山浦健夫(美術評論家)
参加費無料(申込電話で可)
        

2019年8月26日月曜日

9月の企画 亀田縞作品展 (前半)  藤野千恵子作陶展(後半)

●毎年恒例の亀田縞の作品が揃います。当館には14年前から、日常的に亀田縞の反物をおいています。かっては、亀田郷で使われていた木綿の労働着は、現在はおしゃれ着で暮らしの中で楽しんでいただいています。

亀田縞作品展
     日時  2019年9月10日(火)~9月16日(月・祝)
     場所  小さな美術館季 ギャラリーにて

●24日から藤野千恵子作陶展が始まります。藤野さんは工房伽藍堂と称して吉田町で作陶しております。登り窯で焼いた味わい深い大壺から、掌に乗る小品まで並びます。4匹の飼い猫も皿のデザインで登場します。
日時 2019年9月24日(火)~9月29日(日)
場所 小さな美術館季 ギャラリーにて

2019年7月29日月曜日

夏を迎えてー8月いっぱいお休みを

 当館の企画はお休みいただいています。暑い時期だからというわけではありません。長い私たちの人生でやるべきことが重なり動きが取れずにこうなった次第です。隣の田んぼ270坪を埋め立てし、少々の畑と花壇、そしてそこにテラスを作りました。
 亀田の友人が、鉄の枠をつくりキユーイや山ブドウのための棚を作ってくれました。私たちの田舎の山道に垂れ下がっていた山ブドウをこの松山でも秋には収穫したいと思っていました。苗市で求めてきた蔓がようやく頭の上を這うようになりました。 
 ここにいて深々と椅子に腰掛け飯豊や五頭連峰をながめつつお茶とします。新潟の安曇野といいたいですね。昼は日本海側の松浜方面から海風が吹いてきます。日が暮れ木星がみえて闇が迫ると今度、菅名岳や粟が岳の方から冷え加減の山風が吹いてきます。近くの阿賀野川はこの風の通り道のようです。
 さて、9月からの予定をお知らせします。
●亀田縞作品展    9月10日(火)~16日(月・祝)
●藤野千恵子陶芸展  9月24日(火)~29日(日)
亀田縞 中営機業

2019年5月27日月曜日

11人による陶芸作家による創作鉢展

 昨年も6月初旬から「植木鉢展」をやりました。今年も始ります。11人の陶芸作家が参加します。埼玉県の新進気鋭の作家、荻野善文さん、益子の成井恒雄さんの息子、瓦さん、新潟県内では、新発田市菅谷の平野照子さん、五泉市馬下の植え込み作家の拝田加代さん、そして季の窯の高橋君子、新潟市内の若手陶芸作家の皆さんが参加します。
 草木の植え込み用の鉢は、個性的でふたつとないオリジナル性が魅力です。よく植え込みをする方だけでなく、この際、花木を植えてみたら素晴らしい世界ができてしまったという楽しみを味わってみては如何でしょう。
 盆栽屋ときの高橋星児が、ギャラリーの隣で植え込み講習会を期間中開いています(予約不要)
11人の陶芸作家による創作鉢展 6月1日(土)~6月10日(土)
    《場所は 新潟市江南区松山112-4 小さな美術館季にて》3日休館

2019年5月7日火曜日

5月8日より 中林由美子 花もよう 展

 テーマは  線と色ー気のむくままに
 江南区亀田在住の中林さんはずっと前から音楽でお付き合いさせていただいていました。昨年、ご自分で描かれた絵を数枚持参され個展展示を!のご依頼がありました。円形を基本としながら花模様を細密に描いています。365枚制作を目途に描いていますが今日現在317枚まできたそうです。ご覧になって皆様は何を感じますか。
中林由美子「花もよう」 線と色…気のむくままに
              5月8日(水)~5月15日(水) 月曜休館
●関連行事
    ふたりびとコンサート 5月12日(日)13:30~14:30
       バイオリン 佐々木友子(亀田) キーボード 中林由美子(亀田)
       参加費 500円 (電話予約可:当日に自由参加はご勘弁を)
                   080 8484 5062(季 高橋まで)